【京都市】200年以上の歴史を持つ老舗酒造『月桂冠大倉記念館』

○概要

 月桂冠大倉記念館は、1982年、貴重な酒造用具を展示し、伏見の酒造の歴史をご紹介する資料館として開設しました。『京都市有形民俗文化財』に指定された6120点にも及ぶ酒造用具のなかから代表的なものを、酒造の工程にしたがってご覧いただけます。 

  

 今回は京都の博物館を紹介します。この博物館は京都の伏見にあるのですが、近くには坂本龍馬が襲撃された寺田屋の跡地があるなど歴史好きには堪らない地域にあります。

 博物館に向かうまでの街並みは風情があり、まるでタイムスリップしたかのような感じでした。博物館内は伝統的な酒造の雰囲気が残されており、酒造特有?のいい香りがしています。

  

 この『月桂冠大倉記念館』は月桂冠[1]名前の由来は勝利と栄光を意味する月桂冠(ローレルリース)から株式会社で昔に使われていた酒造を改造して作られているようです。

  

 同社は1637年に酒造として創業し[2]創業時の名前は「笠置屋」。最初の酒銘は「玉の泉」。、明治時代に急速拡大して日本酒メーカートップを誇っていました[3]2002年にトップの座は白鳳酒造に。日本酒以外にもビールやワインなど幅広いお酒の製造をしています。

  

○基本情報

・入場料金

 大人 400円 子供 100円

・営業時間

 9:30~16:30(受け付けは16:00まで)

・休館日

 お盆、年末年始

・所要時間

 1時間

・アクセス

 〒612-8660

 京都府京都市伏見区南浜町247

 (京阪本線「中書島駅」から徒歩5分、「伏見桃山駅」から徒歩10分」)

  

○1637年から続く酒造

 博物館内は中庭、内庭、展示室Ⅰ、展示室Ⅱ、売店に分かれています。まず初めに通るのが中庭です。このエリアには酒造に適した水を飲むことが出来る井戸が設置されています。酒造りに適する水は鉄分が少ない方がいいそうです。この成分が多いと日本酒の良さでもある米の香り、風味が無くなってしまうそうです。

  

 展示室Ⅰに進むと、そこには迫力のある大樽を始めとした酒造に関わる道具が多数置かれています。工程順に置かれているのでお酒の造り方も分かりやすく学ぶことが出来ます。私はメーカーに勤めていて、工場案内とかして貰うことがあるんですけど、工程中に案内してもらう方が製造プロセスがイメージしやすくて頭に入りやすいですよね。

  

○企業の歴史を感じさせる貴重な品々

 展示室Ⅱへ進むと月桂冠が急速に成長した時期である、明治・大正時代の貴重な資料が展示されています。中には歴代の広告ポスターも展示されています。ポスターの絵が過激だという事(裸の女性が描かれてました)で使われなかったポスターが展示されていたいたりと企業博物館でしか見ることが出来ないような展示も多数存在します。

  

 また過去に販売されていたボトルやラベルが展示されています。ラベルなんかは昔からデザインが殆ど変っていないのが老舗企業ならではだと感じました。

  

 全ての展示を見終えた後はロビーにて利き酒をすることも可能です。用意されているお酒は「玉の泉 大吟醸」、「レトロボトル大吟醸」、「プラムワイン」の3点です。このお酒気に入ったと思ったら、売店で購入するのもアリですね。

  

○最後に

  博物館は一つ一つテーマに合わせて雰囲気なども違うのですが、今回の『月桂冠大倉記念館』は一段と特色がありました。まず、入る前から歴史を感じさせる街並み。入ってからは木造造りの博物館がいい雰囲気を醸し出していました。

  

 この博物館が他と違うのは入場した時にお土産が貰えること!大人料金で入場すると純米吟醸酒じゅうまいぎんじょうしゅ[4]「吟醸造り」と呼ばれる製法で作られたお酒。よく磨いた米を低温で長時間発酵させるを貰うことが出来ます。今まで博物館に行ってポストカードを貰う事は何回かありましたがまさか日本酒が貰えるとは・・・。

  

 博物館の醍醐味にミュージアムショップもありますよね。先述しましたが『月桂冠大倉記念館』は売店があり、同館限定のアイテム多数とかなり充実しています。

  

 今回、私はドイツビール、升、酒粕飴を購入しました。初めて酒粕飴を食べたのですがとても美味しかったです!でも月桂冠のオンラインショップに売ってないのが残念でした・・・笑 オンラインショップからも一部売店の商品が買えるので興味がある人は是非購入しては如何でしょうか。

  

  

○脚注

○脚注
1 名前の由来は勝利と栄光を意味する月桂冠(ローレルリース)から
2 創業時の名前は「笠置屋」。最初の酒銘は「玉の泉」。
3 2002年にトップの座は白鳳酒造に
4 「吟醸造り」と呼ばれる製法で作られたお酒。よく磨いた米を低温で長時間発酵させる

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。